スポンサーリンク
ランキング参加中です!

【長期投資】個別株は日本株だけに投資します!

ここ最近、米国株式の投資を推奨する書籍を目にします。

しかし、私は米国株式などの海外の個別株式に投資する予定はありません。

投資とは、将来価値が上がりそうなものを探し出し、自分の『資金と時間』を投じることです。

投資というとお金だけを投資しているように思われがちですが、投資ている期間はその会社の株式を保有し続けるわけですから、時間も投資しているわけです。

つまり、「投資の本質は成長にある」と言われるように、将来有望な会社にお金を投じて、時間をかけて成長を待つことが投資です。

個人投資家には長期投資が向いているというのは、これが理由です。

この本質を理解すると、私は海外の会社に投資することはリスクが大きく、自分には向いていないと感じます。

長期で投資するということは、その会社と長い期間お付き合いするわけですが、海外の会社ですと、情報が入りにくい、会社の姿が見えてこない、愛着が沸かない、決算書も英語で書かれており理解しにくい等々・・・投資家と投資先の会社との間で信頼関係を構築するのは困難です。

ちょっとした株価の下落や国内で放送される経済ニュースを真に受けて、自分なら短期で手放ししまうことが容易に想像がつきます。

その点、日本企業であれば、株主総会で経営陣の生の声が聞ける、疑問に思うことがあれば直接電話やメールで質問することも出来る、IR等の情報が瞬時で入るなど、投資先の企業に対して徹底的に調べることが出来ます。

また、同じ日本人が経営しているので、愛着も沸きますし、やはり自国の企業を純粋に投資という形で支援できることに魅力を感じています。

国ごとの経済成長を考えれば、米国・中国・インドが今後も伸び続けることが容易に予想がつきますが、これらの国に対しては、インデックス投資という便利な投資手法があるので、個別株の投資は考えていません。

ここ最近、米国市場がナスダックをはじめ史上最高値を更新するなど盛り上がりを見せていることや日本からでも簡単に海外株式が投資できる環境が整ってきたことで、海外の個別株を推奨する本がたくさん出版されています。

しかし、海外株式は二重課税の問題、売買手数料が割高、為替リスク、カントリーリスクなど売買は簡単に出来ても、意外と初心者が知らないリスクが多いのも事実です。

いくら会社としては将来性が高くても、国によって法制度が異なる訳で、単純に会社の成長だけが株価(利益)として繁栄されるわけではありません。

成長が鈍化している日本であっても、投資先を厳選すれば、将来有望なベンチャー企業は、まだまだ埋もれていると思っています。

有望企業の発掘も個別株投資の面白さですので、私は日本株の小型成長株に特化して投資を進めていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました