スポンサーリンク
ランキング参加中です!

【書評】株式分割による成長株投資

はじめに

私は、投資全般の本を読むことが好きで、今までに株式投資、インデックス投資、資産運用に関する書籍を数多く読んできました。

『株式投資』であれば、グレアム、シーゲル、ピーターリンチ、ミネルヴィニ、ティリングハスト、そしてバフェット、『インデックス投資』であればエリス、ボーグル、マルキール等々、世界中の投資家の誰しもが知っている世界的な名著は一通り読んでみました。

これらの本は、殆どが古典的名著で、中には改訂版が出ているものもありますが、基本的には20年以上も前に出版された古い本です。

投資の理論を学ぶには、重要な考え方が書かれておりますし、先人の知恵は今の時代においても十分有効であると考えます。

しかし、全て著者は外国人によるものであり、取り上げられている企業も海外企業が殆どです。

もちろん、資料も全て円ではなくドルベースとなりますので、株式初心者にとっては、古い上に外国(米国)基準となれば、理解するまでのハードルは高く、最後まで読めずに挫折してしまう可能性が極めて高いです。

そこで、今回私がお勧めしたい本が『株式分割による成長株投資』です。

成長株投資の考え方が全て詰まってます!

この本は、京都大学法学部を卒業した菊池誠一氏が書いた本です。

著者は、日本経済新聞社において、経済・産業記者としてご活躍され、格付けアナリストを経て、大学教授まで歴任されています。

また、自ら資産運用や株式投資の研究、調査、実践を行う傍ら、大学では企業評価論や財務諸表論を学生・社会人に教えていたという経歴です。

一攫千金を手にしたとかそういう最近の流行本とは一線を画しており、きちんと一つ一つの解説が理に適っていて、至って堅実な投資手法です。

現在70歳を過ぎて、仕事はリタイアされているそうですが、この本の中には著者自らの知識と経験、投資手法が惜しみなく書き記されています。

本のタイトルは地味で、レイアウトも味気なくて、いかにも高齢の元大学教授が書いた本という見た目ですが、その内容は実に素晴らしく、株式初心者にも本当に分かりやすい素晴らしい内容でしたので、ここでご紹介します。

特に当ブログの趣旨である長期成長株投資を実践したいとお考えの方には、自信を持ってお勧めしたい本となりますので、最後までお付き合い下さい。

『株式分割』は驚きのパワーを発揮する!

『株式分割』とは、上場企業が発行済み株式を対象に1株を2株に、あるいは1株を3株などに分けて株数を増やしていくことです。

ただし、株数が増えれば、株価は当然2分の1になることをご注意下さい。

例えば、A社の株を100株保有していたとします。株価は10万円でした。

1株を2株にする株式分割が行われた場合には、株価は5万円と半減しますが、保有株数は2倍の200株となります。

実質的な保有資産は変わりませんが、これが株式分割です。

この本は、成長株投資と上場企業が時々行う『株式分割』を組み合わせることで、株式運用の大きな成果を上げる方法を解説してくれています。

著者自身もこの考え方をユニークな内容と前置きしていますが、『株式分割』が投資家にとって資産拡大の大きなテコになるという考え方は、まさに衝撃的であり、私自身も納得のいくものでした。

資産を大きく拡大したいとお考えの方には、本当に勉強になると思います。

成長企業の見つけ方も初心者向けに書かれています!

著者は、大学で企業評価論や財務諸表論を教えていた経歴がありますので、財務分析のプロともいえるでしょう。

財務分析(ファンダメンタルズ分析)というと、計算式が多く出てきて苦手意識を持たれる方が多いかと思いますが、この本では計算式は殆ど出てきません。

分かりやすく語り口調で、本を読むようにスラスラと読み進めていくことが、この本の特徴でもあります。

文章の中に難しい用語は極力省くなどの配慮がなされており、自らの失敗談、意見も織り交ぜながら、学識のある方がどのように分析をされるのか興味を持って読むことが出来ます。

結論は、若い中小型成長企業を狙う!

本のネタバレとなるため、詳細にここでは語れませんが、著者の結論としては、『自分の手で成長企業、それも比較的若い段階にある元気いっぱいの成長銘柄、そうした銘柄を早い段階で投資すること』となります。

また著者は、『株式分割は、中小型企業に多く、上場してから1年か2年ぐらい経過した段階から10年以内の会社が狙い目となる。ただし、上場後あまりにも早すぎる分割は、逆に警戒すべき対象となる。』とも解説しています。

そして、銘柄を選ぶ際の決め手は、やはり『将来の成長力』と繰り返し強調しています。

初心者の方にも理解できるように、成長力を図る5つの分析項目についても項目ごとに詳しく解説されていますので、ご安心ください。

おわりに

今回ご紹介しました『株式分割による成長株投資』は、私にとっては永久保存版(一生売ることはない本)となりました。

内容は初心者向けとなりますが、長期成長株投資の教科書と言っても過言ではない素晴らしい本でした。

257ページの本となりますが、文字が大きく、横文字であるため、重要なところを赤線で引きながら最強の教科書に仕上げることが出来ます。

また、著者は70歳を過ぎた方ですが、考え方は決して古臭くはありません。

取り上げている銘柄もエムスリーやラクスなど、株式分割を繰り返して成長してきた企業となります。

著者によるエムスリーの将来の考察は大変興味深く、100円ショップのセリアの株価がここにきて伸び悩んでいる理由についても、勉強になります。

果たして、私が集中投資しているニューラルポケットという『成長株』が、ご紹介した本のように、『株式分割』を繰り返すことによって、10年後にエムスリーのような大きな成果を上げることが出来るのか、次回記事にしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました